09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

4/23仕入れ 

今日は近所の一店舗のみで仕入れ。
108円本9冊、雑誌3冊、CD1点購入。

仕入れ金額と予想販売価格は以下のとおり。

〇単行本
108円→2000円
108円→1000円
108円→1000円
108円→3000円
108円→2000円
108円→1500円
108円→1000円
108円→1000円
108円→1000円

〇雑誌
108円→1300円
1000円→2500円
200円→800円

〇CD
500円→5000円


見込み利益は14,500円ほど。


最近はもう仕入れ活動は縮小していて、
ほとんど近所の店に毎日30分ほど通ってるだけなんですが、
その近所の店が最近は割と熱いですね。

3月末の引っ越しシーズンの不用品処分バブルが
年度初めまで続いているような印象です。

この時期は昨年なんかはあまり良い仕入ができた記憶もないですが、
今年は割といい感じです。

一方、昨年までこの店とともにほぼ毎日通っていたもう一店舗は、
最近はあまり良い仕入ができないので、今は週1くらいの通いになってますね。

まあこの店舗は一昨年は完全ボク一人の独占だったのが、
去年、今年とどんどんライバルが増えて、よほど良いタイミングに行かないと
うまく仕入れできなくなったんですよね。

その点、近所の店舗はまあライバルはいますが、
毎日通うのは僕くらいなのでw
まだかなり仕入れを独占できている感触はあります。

店員さんにはなるべく印象よくなるよう
配慮していますけどね。


あと、今日はCDの500円→5000円が結構よい仕入でしたが、
これはマニアックな洋楽の輸入CDでした。

最近は洋書や洋楽(国内版ではなく輸入盤)などの
中でもマニアックなものをチェックしたり仕入れすることが多くなってきましたね。

まあこれも理由を説明すると色々あるのですが、
簡単に言えば、

・チェックするライバルが少ない
・値付けが甘い
・プレミアが多い
・あと、仕入のライバルの少なさと共に、出品者のライバルにもアドバンテージを
持ちやすい
→出品者は大概、海外輸入の業者なので、外国からの発送で1~2週間かかると
なっていたり、評価が非常に悪かったりします。

特にやはり仕入のライバルの少なさは魅力ですね。
ライバルの多いジャンルは、たまに行くような店舗では余程うまくタイミングが
合わないと良い仕入れはできませんが、

輸入商品は大概のせどらーはスルーしているので、
たまに仕入れに行っても良い商品が残っていたりしますね。


蛇足ですが、せどりの一ジャンルとして、「輸入・輸出」というジャンルがありまして、
特に輸入ですね、中国輸入・タオパオ輸入とかebay輸入などが
一般的で実践者も多いようで、僕もたまにどのような手法なのか勉強したりもしますが、

まあ、自分でやるにはハードルが高い気がしますねー。
そのへんも取り入れられたら視野も広がる気はしますが、
言語の問題とか、予期せぬトラブルとか、リスクにどうしても目が行きますよね。

最近はその辺も、輸入代行業者も乱立していて、
自分は直で購入者とやり取りしなくても成立するようにもなっているようですが、
そうなるともう薄利多売でそんなに売り上げも望めなかったりとか、という話も聞きますし…。

まあそれでも挑戦してみれば経験にはなると思いますが、
そこまでするのは面倒くさいなーという所ですね。
そんなことする前に他にやりたいことがいくらでもあるし、プライオリティは低くなってしまうので。

あと、輸出という観点で言えば、まず簡単に実践可能なのが、
アマゾンで今販売してる商品を「海外発送も可能」という登録ができることですね。
アマゾンサイドも、海外に販路を拡大すれば売上も遥かに上がります!的な
売り文句を言ってくるのですがw

まあやはりこれもリスクは、言語の問題、トラブル対応ですよね。
そういう先入観がどうしてもあるので、一歩踏み出せないのと、
アマゾンはとにかく評価が重要なので、余計なリスクは増やしたくないところですね。


では話がそれましたが、今日の仕入れはそんな感じでした。
引き続き出品作業を頑張りたいです。
スポンサーサイト
せどり・仕入れ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://utuneetsedoler.blog.fc2.com/tb.php/85-b4e11605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。