09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ミスチルのライブビューイングを見て感じた、ライブビューイングの現状や課題なんかについて 

10日ほど前、記事で書いた
ミスチルのライブビューイングに行ってきた。

Mr.Children Tour 2015 REFLECTION THE LIVE VIEWING
6.4 TOUR FINAL さいたま スーパーアリーナ公演


食道炎の症状が出てちょっと辛かったのだが、
全体には結構楽しめた。

北海道だけ売り切れてないと書いていたが、
当日は結構席も埋まってるようだった。


19:00開演で22:00までぶっ通し3時間。
桜井さんはあんなにずっと叫び続けて、
よく声枯れないなあと思う。すごすぎる。

ミスチルのライブをぶっ通しで見るなんて、
多分20年くらい前のVHSで見た以来だろうか。

MCも全部桜井さん担当なんだね。
昔はJENもしゃべってたような気がするが…。
JENもトークうまいんだから、MC担当して桜井さんの負担減らしてもいいのでは?
と思ったりした。


まあライブ自体の印象も色々あるが、
僕は特にライブビューイングというスタイルに興味があったので、
主にその感想を書いていきたいと思う。

以前買った情報教材の中で、
「色んなコンテンツに対し、コンサル視点で考えてみよう」というのがあり、
どうすれば、より満足度が上がるか、質が向上するか、
お客さん(売上)が増えるか、というようなことを、
拙いながらも意識して考えてみるのが、最近は結構楽しかったりする。


で、ライブビューイングについて、
まず前の記事で書いた予想されるメリットを振り返る。

①映画館での高精細大スクリーン、最新の音響設備による臨場感は、
家庭のDVD環境では味わえないもの

②生のライブをリアルタイムで視聴。周りに観客もいて一体感も味わえる。

③生のライブでは終始立って手拍子が必要だが、
座ってまったり視聴できるのは、映画館ならではの特権。


…というようなメリットを感じられるのではと
予想していたが、まあ概ねその通りだったと思う。


①はかなりその通りだった。やはり家庭用のしょぼい
DVDプレーヤー・TV・スピーカーとは全く違う。まあ当たり前だが。

映画館で映画を見る環境でライブ映像を見れるのだから、
その点での満足度はかなり高かった。

まず音は、実際にライブ会場に来てるかのような
迫力溢れる臨場感を体感できた。

5.1ch?7.1ch?なのか、それも古いのかな?
全然詳しくないんでよくわからないけど、
包み込むような映画館特有の迫力ある音で
臨場感満点だった。


また今回のアルバムはコバタケから離れて
ストリングスも減ってロック色が強いから、
ギター・ベース・ドラムの重低音もバッチリで、まあ迫力あった。

正直ミスチルってこんなにロックバンドだったっけ?と思ったり。


そして映像。

前列から2番目だったので特にデカく感じたが、
映画館の大スクリーンでのライブ視聴は、爆音も相まって迫力満点だった。

通常の映画で前列2番目だとちょっと近すぎる気もするが、
ライブだと迫力が直に伝わるので良い気がした。
まあ後方は未体験なのでわからないが。

ただ映像美については、半年ほど前の雪まつりのイベントで、
札幌NHKで大スクリーン8Kの映像を見ていたので、
その大画面かつ超高精細に比べると、どうしても見劣りするな…と思ってしまった。

まあそれでも十分だし、臨場感は満点でよかった。
まあ桜井さんの顔のアップとか多いのだがw



あと個人的にライブビューイングの魅力だと思ったのが「会場のざわつき感」。
まず開演前のさいたまスーパーアリーナ館内を俯瞰で撮っている映像が良かった。

固定カメラで開演直前のザワザワした様子が映し出され、
大スクリーンの端から端まで人で埋め尽くされた様子は圧巻。

各々がその場でモジモジ動いてる感じ、なんかその生々しさが、
ライブへの期待を駆り立てて、自分がその場にいるような気分にしてくれる気がした。

それと共に、曲と曲の間、曲間のざわつきも良かった。
一つの曲が終わった後に画面が暗くなり、包み込むようなザワザワ感が押し寄せる。
「桜井さーん!」みたいな呼ぶ声も会場で言ってんのか、
この映画館内で誰かが言ってるのか、

虚実混交するような?不思議な感覚もまた
実際に自分がこの場にいるような臨場感を生み出していてよかった。


まあそんな感じで、
①の音や映像の臨場感に関しては、
予想通り、かなり満足のいくものだった。


ただ、②・③に関しては、
もう少し工夫次第で、観客の満足度は上がるんじゃないかなあと
思いながら見ていた。

まず②の生のリアルタイムライブでの一体感についてだが、
まあ最高の音と映像でそれはかなり満たされるのだけど、

ちょっとなんというか自分も周りも含めて
ライブに乗り切れてない部分があった。

行く前に、ライブビューイングはどのように視聴すればよいのかと思い、
調べてみたのだけど、ヤフー知恵袋なんかでは、
好きなように楽しめばよいけど、立ち上がってノリノリで応援する方が楽しめると。


え~?そんなの映画館で恥ずかしいじゃん。
と、行く前は思っていたが。


行ってみると、確かにその通りだと思う。
ノリノリで楽しむ方が楽しそうだ。


ただそれが実際は、ほとんど自分も回りの人も乗れてなかった。
立ち上がってる人は皆無。
座りでも、たまにノれるような空気が生まれてきて、
手拍子程度はするような感じ。

ただそんな中でも曲によっては周りの人たちも盛り上がってきて、
そうなると自分も乗ってきて、没入感が増してくる。

しかし全体的には立ってる人もいなかったし、
皆、どう乗ればよいか伺ってる感じもした。

これは前述したヤフー知恵袋の質問にも多く出ていて、
ライブビューイングの視聴の仕方に迷ってる人が多いことを物語っている。


で、何が言いたいかというと、
このあたりの疑問解消、視聴方法について、
もっと観客に周知する仕掛けが必要ではないかと、見ていて思った。

何か一言でも、「自由にノッても良い」というような
説明があれば、見てる側も乗りやすくなると思う。


例えば桜井さん(演者)が
「ライブビューイングのお客さんも会場に来てるつもりで
盛り上がってねー!」

みたいな一言があれば、
それで各映画館の空気も大分変ると思う。
個人的には、そういったライブビューイング組を煽るような
セリフがあるといいのになと思った。

まあ桜井さんもたまにライブビューイングについても触れるのだが、
全体通して3回程。少なすぎると思った。
まあ回数よりもその触れ方がもったいないと思う。

「ライブビューイングのみんなー!!」みたいな感じで
桜井さんが一言叫んでくれるだけで、映画館でも「ワー!!」となって
大分空気が作られると思うのだが、

実際は「今日はライブビューイング、スカパーでも見てくれてる人もいて……」
みたいな、一応説明しとくか程度の感じがしたので、
若干、ライブビューイング組をないがしろにされてる感があり、
それが残念というか、ちょっと勿体ないと思う。

まあ実際ライブ会場に来てるお客さんを大事にするのはわかるけど、
映画館組ももう少しフォローしといた方がいいのではと思った。

調べたら、さいたまスーパーアリーナの収容人数は1万人程とのこと。
それに対し、映画館1件の客数は少ないけど、
全国約100館でほぼ全て満席で視聴されてるわけで、

多分人数にしたら会場と同じか映画館組の方が多いのではないか。
(まあこの辺は調べてないので適当だが多分そうかと)

チケットが半額程としても、
決してないがしろに出来ない規模の売上があると思う。

それに人数・金額的な問題抜きにしても、
チケット取れなかったファンや、遠方に住んでいて会場まで行けないような
コアファンも映画館にいるわけで、

そこはもう少し大切に触れた方がベターでは?と思ったりした。
桜井さんが一声かけるだけなのにな~と。

まあ「〇○会場のみんなー!」とか一つずつではなくてもいいけど、
「ライブビューイングのみんなー!!盛り上がってるー!?」
みたいな一言があれば大分違うのになーという感じ。

この辺は他のアーティストさんはどうなんだろうね。


それで映画館全体でボルテージが上がると、
皆ノりやすくなり、もっと一体感・没入感が生まれるだろう。


あとは、演者が説明したり、盛り上げるのが難しいのであれば、
開演前に、「ライブビューイングの視聴の仕方」みたいな
説明映像を流すのも手かなと思った。

映画の前に流れる
「NO MORE 映画泥棒」みたいな説明VTRのイメージで。

そこで、
ライブビューイングは座って見てもいいし、立って見てもよい。
基本は好きなように自由に見てください。
ただ、実際のライブ会場にいるように、立って手拍子したり、
手を振ったりして盛り上がった方が、
普通に見るよりも何倍も楽しめるのでオススメですよ!

みたいな、ちょっと適当だが、
こんな感じの説明があると、気恥ずかしさも薄れ、
全体に盛り上がりやすくなると思う。

まあ北海道人はシャイなので探り探りな感じだったが、
他の会場ではもっと盛り上がってるのかもしれないけど、

このように、もう少し視聴の仕方について、
観客に周知・教育するような仕組みがあると、
もっと楽しめるようになると思った。

まあライブビューイングもまだまだ出始めで、
これから5年・10年で視聴方法も決まってきたり、
また演出も変わっていくのだろうけど、

本当に、盛り上がって見る方が絶対楽しめるよな~と思ったので、
この辺はもう少し改善されることを期待したい。

まあまったり見ていても満足度は高かったが、
まだ伸びしろがあるように思う(本田じゃないがw)

そこで感動体験があれば、またリピーターも増えるし、
今度は実際にライブ会場まで足を運ぼうかなという
層の底上げにもなるんじゃないかなとか、


思いつつ、見たりしてました。



また長文になってしまったので
次回に続きます。

どうしても言いたいことが短くまとめられず、
長くなってしまうなあ……。

スポンサーサイト
その他  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

コメント

ライブビューイングお疲れ様でした。
ライブの臨場感が味わえるのはいいですね!
私はライブのノリってあまり得意ではなく、ジックリ見入るのが好きなので、Mr.Children含めプロのライブって行ったことがほとんどないのですが(アマならよく行ってますが)、ライブビューイングならこんな私でもまだ行けそうなのかな~と思いました。
でも、ノッていいのか悪いのかという微妙な空気は逆に気まずいのかな?w

とにかく、続きも楽しみにしてます。

P.S.
>どうしても言いたいことが短くまとめられず、
>長くなってしまうなあ……。

私はむしろなかなか長文が書けずにいたのですが、最近ちょっと慣れてきました。
書くのも慣れですね!

URL | ニト #-

2015/06/05 18:16 * edit *

ニトさんの記事を拝見し、
早速、REFLECTION {Drip}買ってきちゃいました!
そしてダウンロード購入して自作{Naked}にしました^^

多分ライブビューイングは好きなように楽しめばいいんじゃないかと思いました。
乗りたい人は乗ればいいし、仮に回りが立ちあがって乗っていても、
ジックリ見たい人は座って見ていても全く問題ないかと思います。

ただ現時点では確かに、乗ろうかどうしようか…という微妙な空気は感じましたがw

あとアマのライブはよく行ってるんですか~!?
それは全然知らない世界ですが、何かリア充感があって憧れます。

URL | ぺー #-

2015/06/06 02:33 * edit *

おぉ!早いですね。
ペーさんは私と同じように深海とかDiscoveryとか好きなはず!と思ってたのでオススメしましたが、新しい記事読んだ限り満足していただけたようで良かったです。

>あとアマのライブはよく行ってるんですか~!?

アマって言うか素人というか・・・。
友人のライブとかによく誘われていくことがあるんですよ。
(あ、でも後々プロになった人もいます)
あと、恥ずかしながら、うちの親も昔からライブとかやってるんで、小さいライブハウスにはよく行ってました。
結構楽しいんですが、前のコメントにも書いたように全然ノらずにジックリ聴いてしまうので、サクラ目当てで呼んでくれる人には申し訳なく思ってしまいますw

URL | ニト #-

2015/06/07 00:19 * edit *

>新しい記事読んだ限り満足していただけたようで良かったです。

くだらない長文読んで頂けてありがとうございます^^
いや~満足でしたー。
確かに何度か聞いてると{Drip}未収録曲がよく感じてきますね。
「I Can Make It」「ROLLIN' ROLLING」とか
なんとなく懐かしさを感じます。

また親御さんもライブされてるとは!芸術一家じゃないですか…。
だからニトさんも自分で音楽作られたりとかお得意なのですね~。羨ましい。

URL | ぺー #-

2015/06/08 14:13 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://utuneetsedoler.blog.fc2.com/tb.php/115-2e249c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。