03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ブログ移転のお知らせ 

ブログを移転します。

ぺーの気ままなブログ

こちらでもどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

上級ニートへの道~初の一人夏フェス! 



引きニートのお1人様満喫プロジェクト!と題しまして
(別に今まで題してなかったけど)


最近は
1人で縁日に出向いたりとか

5/26・5/27仕入れとお祭り
ニートが見世物小屋で見世物になる……。



映画やライブビューイングを見に行ったりとか、

ジュラシックワールド
ミスチルのライブビューイングを見て~



あと毎年開催されているこの地元のジャズフェスのライブも
今期は2度行きました。
SAPPORO CITY JAZZ



そんな感じで自宅に引きこもらずに、
この夏は積極的に、多少は外に出ようとしておりまして、
こうなりゃせっかくなので、
一度行ってみたかった地元の夏フェスに1人で参加することにしました。



全国的にも有名なライジングサンというフェスです。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO


会場の割と近場に住んでるのですが、
(まあ近場といっても北海道なので離れてはいますが)
これまで一度は行きたいなと思いつつスルーしていました。

でも毎年道外からも多くのお客さんが来るのを考えると
近場で一度も行かないのももったいないなと思っていたので
最近一人行動に積極的になっている気分のうちに
一度行ってみようかというところです。

14日・15日の2日間のうち
15日だけ行ってみることにしました。

夏フェス自体は2回目の経験で、5年前に友人と
これも北海道の「JOIN ALIVE」というのに行った時以来ですね。
まあこの時の経験で、仮に一人でも案外楽しめそうだなという
感触があったので。

1人でも大丈夫なら、関西住んでた時に
サマソニとか行けばよかったなあという後悔は若干あります。


で、このライジングサンの特色の一つに
深夜のオールナイトライブがありまして。

夜間に結構良いアーティストが出たりもするので、
僕も可能なら朝までいたいなと思うのですが、
まあ無理でしょうね。

逆流性食道炎で疲れやすいし、
夜中一人ぼっちは心細いしw
てか、もう若いとはいえないし・・・

まあ今年はどんな感じなのか
様子見で、無理はしないようにと考えています。

また最近のJポップのアーティストなんてほとんど知らないのですが、
まあそれでもいくつか見たいアーティストはあるし、
まず雰囲気を楽しみたいと思っています。
人ごみもあまり好ましくはないけど。


で、フェスに参戦するなら色々持ち物とか準備が必要だろうと
調べていたのですが、
やはり準備万端で行こうと思うなら、結構な荷物になるようですね。

北海道特有の気候もあるし、深夜対策も考えると、
他のフェスより(サマソニ・フジロック・ロックインジャパンなど)
対策をきちっとすべし!とのことでした。

夜間の上着、レインコート、下着替え数点、ペットボトル水(これが重そう。会場は値が高いので多めに持ってくべしとのこと)、レジャーシート、ティッシュ・日焼け止め・薬とか小物類がたくさん、あとライジングサンは長靴もあった方がよいとか…。

レインコートは100均のカッパじゃだめで、
登山用とかキャンプ用の本格的なのにすべしと公式HPに書いているのだが
そんなものは持ってないので当然100均のカッパですわ。
それで耐えれないくらいの雨になったらもう帰る!

で、荷物が多くなるのはまあ必要なら仕方ないと思うのだけど
一番納得いかないのが、


「ロッカーや手荷物預かり所は一切ありません。
ご自分で自己管理してください。」


と公式に書かれていること!


デカい荷物をライブ中も持ち歩けというのか…?
で、他の過去のライジングサン体験談を書いてるブログの
注意事項を見ていると書いてるのが、
「リュックなど大きい荷物は邪魔だし、周りの迷惑になるので
ライブ中は持ち歩かないこと!」


いや、どないせえっちゅうねん!(`д´)ノ



なお、色々その対策を調べていたら、
まずテントの泊まり組はテントに鍵をかけて荷物を保管するらしい。
キャンピングカー組も。

そして日帰り組は、「レジャーサイト」という
レジャーシートを引いてくつろげるスペースがあるので、
そこにもう荷物を放置するらしい。盗難のリスクは自己責任ということで。

なんだかあなと思うけど、仕方ないので僕もそれに倣って、
リュックなどは最悪盗まれても大丈夫なものを入れて、レジャーサイトに置いといて、
貴重品などはボディバックで身に着けておこうかなと考えている。


まあこういうのは
常連の友人とかがいればすぐ対応方法がわかりそうなもんだけど
初めてかつ一人での参加なので、
とりあえず今年は様子見という感じですね。

なんかその辺りも調べていたら面倒くさくなってきて、
ちょっとテンションも落ちかけています…^^;


あと、料金。
15日の1日券で13000円とかなり高額で、
上に挙げたような色んな備品を揃えなきゃだし、
行ったらお酒とか食べ物とか満喫しようと思えば
相応に料金は取られるだろうし、

まあニートのお1人様満喫プロジェクトとしては
結構出費がかさむ回になりそうですね…。

飲食を押さえれば出費は減るけど、
そこは結構、自分でも楽しみたいところなので、
こんな機会だからあまりケチらずいこうと思います。

本州から来る人たちなんて、その上、飛行機代や宿泊費とかもかかるわけでしょ?
今の若者は金持ちだねぇ(オッサンや…)

まあそれはともかく、
最近その日を楽しめるかどうかは、自分の食道炎の体調具合にかかってたりするので、
どうなるかはその日ならないとわかりませんが、
ボチボチ無理せず楽しんでこようと思います。

未分類  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

5/5仕入れ 

今日も近場の2店舗へ。
仕入れ金額と予想販売価格は以下のとおり。

〇単行本
108円→800円
108円→750円
108円→1250円
108円→1200円
108円→900円

〇雑誌
300円→1700円
800円→4000円

〇DVD
2500円→12000円

〇ゲーム
1015円→3000円


今日もDVD-BOXを仕入れたのですが、今日のは仕入れ値が安めで、
ビジネス系の商品ですね。個人的にとても興味ある内容なので、
売るにしても見てからにしたいと思います。まあ売らないかも。

ゲームは2店舗行った帰りにGEOで仕入れました。
久しぶりにレンタルコミックを借りようと立ち寄ったら、
ワゴンセールをしていたので、ざっとチェック。

まあショボイのしかない中で、プレステのレトロゲーですが、
今でも3千円程の値付けでランキングも高い商品がありました。


全体の見込み利益は15,000円ほど。
(DVDを自分用とするなら、その半分くらい)
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

大幅なテコ入れを画策中です。 


この一か月近く、ほぼ毎日更新を継続できていた新ブログですが、
ここ数日は更新が止まっています。

根本的な部分からテコ入れしようと思っておりまして。


というのは今、あるアフィリエイターさんに指導してもらい、

まずこのブログにおける
ターゲットの設定、ブログを運営する上での理念・信念(専門用語でMSPと言います)
それをもとに、ブログタイトルの決定、プロフィールの設定、
それから細かい部分の修正、

というところを一から考え、設定していく作業をしています。

正直、ここまで綿密に考えていかないといけないんだな…という感想ですね。
なんとなく…でやっていては、やはり結果を出すのは難しいようです。
まあまだ考え直し始めたばかりなので、どうなるかはわかりませんが。


で、このメール指導して頂いてるアフィリエイターさんですが、
結構有名な方です。

昨年10月頃にこのアフィリエイターさんから
アフィリ教材を購入したのですが、

教材特典に「ブログが出来たら一度見せてください」との記載があり、
12月頃に新ブログがボチボチ始められたので、
恐る恐るメールを送ってみた次第です。


僕は今までに教材25個ほど購入していまして、
(買い過ぎや!というツッコミはさておき)

その中にはサポート付きの教材も多かったのですが、
今まで一度も購入サポートを利用したことがなかったんですね。

まあ理由は……ヘタレだからですがw
購入するアフィリエイターさんはもう大きく稼いでる雲の上の人だし、
メール出してどんな返事が来るか怖かったり、
質の低い質問したら怒られるんじゃないかとか、色々考えてしまったり。

スカイプサポートなんてのもありましたが、
そんなのは言うまでもなく…です。


でも、仮にも自分も今後そこを目指したいのなら、
もうそういう所も逃げずにやっていこう。
と最近は思ったりして、

今回、恐る恐るメールを出してみたところ、
すごい長文で、非常に内容の濃いアドバイスを頂くことができました!


いや~、なんか…感動しましたね。

だってこの方、月収100万以上コンスタントに稼いでいる
有名アフィリエイターさんですよ。

何が感動したかって、普通このクラスの方は
1~2万円程度の教材だと、こんなに手厚いサポートはまずしてもらえません。

サポートを付けてない人も多いですし、
したとしても、20~30万円の塾生だとか、コンサル生などに限られます。

それは、「この俺様が低レベルの人間のサポートなんてしてらんねえぜ」
というようなイジワルではなく(そういう人もいるかもしれませんが…)


単純に時間が足りないからですね。

だって、そのくらいの収入・規模になると
教え子が何百人とかになるわけですよ。

1人1人真剣に対応しようとしたら
まず時間が足りませんよね。

またこのレベルの人たちは、セミナーとかコンテンツ販売とかジョイントベンチャーとか
色んな活動を広げていますし、
そんな中で、真剣に対応しようと思うなら
必然その人数を絞っていかないと対応できないわけです。

これは僕も今まで色んなアフィリエイターさんのメルマガ読んできて
なるほどそうだなあと思う部分でもあります。

現に今まで他の方に、サポートはともかく、
問い合わせメールは何度かしたことありますが、
2~3行で簡潔に返信が来たりとか、全く返してくれなかったり…もあります。

それはそれで、販売者としての責任、
というか人としてどうよ?とも思いますが。


まあそんな感じが結構当たり前なので、
今回も期待はせず送ってみたのですが、
もう予想外の返信で、感動してしまったわけです。

最初は、結構厳しいことも書かれてたりしてウッと来ましたが、
書かれてることが全て的確で、一時一句聞き逃せない感じです。

色々一人でモヤモヤと悩んでいたことが
もうソッコーで、高いレベルで整理されて、
今後の道しるべまで提示されたような。

また、本当に真剣に考えてくれて、書いて頂いてることが
伝わってきます。
非常にありがたいですね。
思い切ってメール出してみて本当によかったです。

いや~、何度も言いますが、
いち教材購入者のサポートに割くような時間は
ほとんどないはずなんですよ。

となると、これだけレベルの高い(と今の僕には感じる)
メールを一体どのくらいの短時間で考え、タイピングしているのだろうか、
と思ってしまいました。

5分とかかなあ…。それはさすがにないか。

もうこのケースはこう!みたいな、対応もすぐわかり
考えると同時にタイピングしてるような次元だろうか。

いや、逆に考えれば
一つのサポートでもこれだけ濃密なメールを短時間で打てるからこそ、
この人はトップアフィリエイター足り得るのかも…。

あと、今のところ3回ほどやり取りしていますが、
メールを出したら半日もかからず返信を頂けるという早さもまた凄し。

う~ん、あまりの力量の差を見せつけられ
先は遠いなあと思った限りです…。



で、どのように新ブログを変えていこうと思ってるか、ですが。

長くなってきたので次回にします。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

せどりで積読が生まれる仕組み 

ほしい本を買ったものの、忙しかったりして読まずに、
また別の本に興味が湧いて購入してしまう…
で、また読まずに別のを…というような
いわゆる「積読」してしまうことは誰しもあることと思います。

それがせどりをやっていると、顕著にそうなりがちでして、
特に自分のせどりスタイルや特徴により、
加速的に積読状態が生まれてしまうことが、
以前からの悩みの一つとなっています。

なぜそのような状態になるか、以下のような理由が挙げられます。


〇積読してしまう仕組み

・100円で単行本を購入できるということ。

100円という安さで購入できるということは、
仕入対象も多いのですが、それだけ自分用の購入対象も多くなります。

100円ですと、アマゾン価格で下は300円くらいから
上は数千円~プレミア品まで、幅広い価格帯の本が全て購入対象になってしまうんですね。

アマゾン価格で数千円の本の場合、
例えば1000~2000円とかの本が100円で見つかったり、
高価なプレミア本だったりすると、
今手に入れないと、この値段では二度と手に入らないんじゃないか!
…という心理が働いてしまい、
う~ん、と少し迷いつつも、
まあ、とりあえずカゴへ!という流れになってしまいます…。

アマゾン300円程の本の場合、
300円程度であっても、100円で手に入ればアマゾンで買うより全然安いのと、
「今もしスルーして、あとで多少高くアマゾンで購入することは可能だとしても、
今この本と出会って、買うモチベーションが高まってるうち買うべきだ!」と思ったり。

また、あまりよい仕入れができなかった日などに
「でも今日は、読んでおもしろそうな本が手に入ったからいいだろう」
と自分を納得させるために買ったり。

うーん金額以上に、一期一会の出会いを大事にしたいという
心理が働くのかなあと思います。(今書いてて思いましたw)

なので、仕入対象としては300円の本は安すぎるので仕入れませんが、
自分用としては300円であっても購入対象にしてしまうんですね。

このように、高い本は機会損失、安い本では一期一会という理由で、
このチャンスを逃したくないという気持ちになり、
(まあ両方、機会損失ですね)
幅広い価格帯の本が購入対象になってしまいます。


・仕入作業のプロセスの中で、
自然と自分用の本が増えていく。


価格面はそんな感じですが、
毎日の仕入プロセスにおいても
積読される仕組みができあがっています。

ブックオフでの仕入を簡単に説明したいのですが、
まずブックオフに入店し、
左手にバーコードリーダとスマホを装備し、
全体を見渡して、目ぼしい商品を探していきます。

商品のバーコードを読み込みます。
読み込みには専用のアプリを使いますが、
そこには、価格、ランキングと、アマゾンのレビュー数(評価)というものが表示されます。
※他にも色々表示されますが、ここでは省略します。

まずこういった情報をチェックし、場合によっては以前紹介したAmashowというサイトで
値動きをチェックしたりして、仕入れるかどうかを素早く判断していきます。

こうして仕入を行っていきますが、
この際に、まず本のタイトルが個人的に興味のあるもので、
高価格・高ランキング・レビューも高いようなものがあると、
とても興味が湧いてくるんですね。

そこで、ツールからリンクを飛んで、アマゾンサイトのレビューを見てしまうと、
絶賛のレビューの嵐だったりするので、
もう、この本は売る対象ではなく「はい、自分用に決定!」
とまた積読されてしまうわけですw



・毎日の仕入での機会の多さ。

上記のような作業を毎日の仕入にて行ってるので、
必然的に接触機会が多くなってしまいますw

価格面での購入対象の多さ・ツールでの収集、
それを毎日やるわけですので、
もはや自分自身が自動積読ツールと化していますw


・本を読む習慣がない。

こうして積読が生まれてしまうのですが、
それを次々と読むことができれば、
次々に売ることができますので問題ありませんよね。

しかし私は、

本を読む習慣がほとんどない!!<( ̄^ ̄)>

エバれることじゃないですね…。

本を読む習慣ができてないのに、毎日の仕入で、
自分用の本も購入するものだから、
そりゃあ、本が貯まっていくわけですわ…。

まあ、いつか読もう、読もうと思ってるのですが、
その感覚がもうダメダメです…。


〇解決策

・今ある本を読むまでは、自分用は買わない

仕入に行く限りは、自分用の購入を避けることは不可能だと思うので、
これをするにはもう仕入禁止にするしかないが…それは本末転倒すぎます。
まあ無理ですねw

・本を読む習慣をつける
頑張って、ちょっとずつ読むようにしていますが、
中々、長年の習慣は変えられませんね…。


〇結論

本棚に入りきらなくなったら、
もう売るしかないかなあ…。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。